フードプラン商品情報

たまねぎ

クリックすると、詳細な生産情報をご覧いただけます。

生産者との交流学習会&商品普及活動 北海道まつり開催報告

例年、北海道まつりとして生産者の皆さんによる店頭販売を実施していますが、今年はラブコープキャンペーンにちなんで内容をさらにパワーアップ。コープ委員を主体に企画し、事業と活動、組合員と職員が一体となった学習交流を通じ、フードプランの価値・良さを広く実感していただくことを目的に開催されました。日程:2015年11月13日(金)生産者の参加人数:(合計7会場)合計17人シーアのようす「北海道たまねぎの生産者がお店にやってきました!」。鮮やかな青基調のノボリがひときわ目を引く野菜の売場の一角、山積みのフードプランたまねぎやじゃがいもコーナーではJAつべつのフードプラン生産者の3名、コープ委員さんによる店頭販促を実施。「たまねぎピクルス」「ジャーマンポテト」などの試食や、コープ委員さんとコミュニケーションをとりながら、笑顔でたまねぎやじゃがいもを手にとる組合員の姿が多く見られました。午後は、生活文化センターの第三地区会議室に場所を移し、JAつべつの皆さんとの交流会を開催しました。つべつ産のたまねぎの特徴や、栽培から収穫、管理に至るまでの工程などの学習、たまねぎを使った3品の試食会、質疑応答コーナーなど、短い時間ながら充実した内容となりました。学習しながら意見交換もコープうねのにて午後から、コープ委員・所属主催による学習会が開催されました。JAきたみらいの小野さんによる概要説明の後、じゃがいも3品種(男爵、とうや、スノーマーチ)の食べ比べ。じゃがいも生産者の小池さんが3種の違いを熱弁されました。組合員からは、味の違いに驚きの声が。これからも色々な品種を試してみたい。品種がわかるように売ってくださいとの声があがりました。生産者の小池さん、新井山さんは、自分の作っている作物を食べてくださっている人に直接会えて感激した。これからもみなさんの顔を思い浮かべてますます生産に精を出していきたいと言っていました。生産者さんと、主催者(コープ委員、所属・地区職員)で記念撮影スノーマーチは、来年の1月まで熟成し出荷。今よりもっとおいしくなるじゃがいもの品種の違いについてコープ島本JAいわみざわたまねぎの生産者トライやるウィークの中学生も大きな声でたまねぎのおすすめをしました。コープ甲東園JAいわみざわたまねぎの生産者岩見沢のたまねぎについて学習しました。コープ神吉JAきたみらいたまねぎ、だんしゃくの生産者農産部門の職員も参加。笑いのある楽しい学習会になりました。コープデイズ神戸北町JAさらべつメークインの生産者メークインの栽培、こだわりなどしっかりと学習しました。コープ福田JAさらべつメークインの生産者コープ委員さんにも協力していただき、活気ある店頭販売になりました。

つづきをみる

ページの先頭へ戻る

  • コープこうべの料理レシピサイト コープCooking
  • 品質や安全性を「科学の目」で支えます 商品検査センター
  • 放射性物質による食品汚染問題への取り組み
  • コープこうべのお買物&コミュニティサイト コープこうべネット
  • お買物&くらしにうれしい コープの店舗 おトク情報
  • イベントひろば
くらしの情報センター 商品に関するご意見・ご要望はこちら
問い合わせ(無料) 0120-44-3100
携帯電話・IP電話(有料) 06-7636-2000 年中無休 火~金曜日 8:30~19:30/土~月曜日 8:30~18:00 ※12月31日~1月3日8:30~18:00
年中無休 火~金曜日 8:30~19:30/土~月曜日 8:30~18:00 ※12月31日~1月3日8:30~18:00
問い合わせ