食品工場生産品について

自らが望むものを自らの手でつくる

コープこうべと組合員が
心を一つにしてつくります

コープこうべ六甲アイランド食品工場のルーツは、大正12年(1923 年)にスタートした、しょうゆの自己生産。以来、時代とともに生産品目を拡大し、パン・麺類・豆腐・納豆・こんにゃく・あげ・もち・和菓子などを生産。「自分たちが望むものを、自分たちの手で」という思いは、今も食品工場のものづくりに脈々と受け継がれています。

おいしさ

毎日食べてもあきない伝統の味、こだわりのおいしさ、季節にマッチしたおいしさを提案。国内外の産地からコープ独自の基準で素材を厳選し、その素材の持ち味を引き出す製法を研究・開発。さらに、組合員の声に耳を傾け、試行錯誤を重ねながら「もっとおいしく」をめざしています。

熟成ロイヤル

独特の旨みは小麦粉の一部を湯でこねた「湯だね」によるもの。小麦本来の甘みを引き出して、ていねいに焼き上げました。

やさしさ

おいしい食べ物を手ごろな価格で。ムダな包装を省き、できるだけゴミを減らしたい。食べる人に安心品質を。商品の開発・改善においては、利用する人や環境への「やさしさ」を大切にしたものづくりをすすめています。また、産地や工場を調査し、厳選した材料のみを使用、安全・安心な商品をつくり続けています。

兵庫県産小麦を60%ブレンドした小麦粉を使い、もちもち食感で、のど越しの良いうどんに仕上げました。

ちょうどよさ

同じ商品でも数や量、大きさを変えてさまざまな需要に対応。例えば、小家族でも食べ切れる少量サイズの開発などちょうどよさに工夫しています。デビュー後でもその時々の嗜好の変化に応じて改良を重ね、組合員満足のさらなる向上に取り組んでいます。

便利ななめらか絹とうふ

「なめらか絹とうふ」を、おいしさはそのままに便利な小分けタイプにしました。

ページの先頭へ戻る