フードプラン

ほうれん草

供給予定時期
12月上旬~3月上旬 ※生育状況により供給時期が変更になることがあります
フードプランのこだわり

●牛糞堆肥などの有機質肥料を中心に、しっかり土づくりをしています。

●化学合成農薬の使用回数を一般栽培の2分の1以下に抑えて栽培しました。

●雑草を予防するために、黒色のマルチシートを敷き、環境に配慮した栽培を行っています。また、病気の発生を抑えるため、通常よりも畝(うね)を高くし、水はけを良くする工夫をおこなっています。

…………………………………

★フードプランの取り組みについてはこちら

★食の安全について知りたい方はこちら

生産地
岡山県
生産者
JA晴れの国岡山の生産者のみなさん
生産者のこだわり
寒さが増すごとに葉が厚みを増し、甘みも増えてきます。一生懸命育てたほうれん草をご賞味ください。
  化学合成農薬 化学肥料(窒素成分)
フードプラン 4回 9.7kg/10a
一般栽培 9回 20kg/10a

化学合成農薬の使用状況

使用資材名 用途 使用回数 使用資材名 用途 使用回数

シアゾファミド
ホセチル
マンジプロパミド
メタラキシル
MEP
エマメクチン安息香酸塩

殺 菌
殺 菌
殺 菌
殺 菌
殺 虫
殺 虫
1回
1回
1回
1回
1回
1回

クロラントラニリプロール
ピリダリル
フルフェノクスノン
フロニカミド
ペルメトリン
アラクロール
レナシル

殺 虫
殺 虫

殺 虫
殺 虫
殺 虫

除 草
除 草
1回
1回
1回
1回
2回

1回
1回

※化学合成農薬の使用は畑の状況に応じて、上記の中から選択し、最大4回までとします。