フードプラン

青ねぎ

供給予定時期
年間通して取り扱い ※生育状況により供給時期が変更になることがあります
フードプランのこだわり

●有機質肥料を中心にしっかり土づくりをしています。(堆肥・肥料の成分特徴を考慮し、施肥設計を組み合わせています。)

●化学合成農薬の使用回数を一般栽培の2分の1以下に抑えて栽培しました。

●不織布や防虫ネット等を利用し、害虫被害減少に努めています。

…………………………………

★フードプランの取り組みについてはこちら

★食の安全について知りたい方はこちら

生産地
佐賀県
生産者
アマノファームの生産者のみなさん
生産者のこだわり
農薬、化学肥料は通常の半分以下に抑え、土が弱らないように同じ畑に植える作物は相性を考えローテーションを組んで輪作しています。愛情かけて育てた青ねぎをぜひご利用下さい。
  化学合成農薬 化学肥料(窒素成分)
フードプラン 4回 5kg/10a
一般栽培 8回 10kg/10a

化学合成農薬の使用状況

農薬名 用途 成分数 農薬名 用途 成分数

アミスター20フロアブル
バスアミド微粒剤
モンカット粒剤
ランマンフロアブル
ロブラール水和剤
アクタラ顆粒水溶剤
旭D-D
アニキ乳剤
アファーム乳剤
アルバリン顆粒水溶剤

殺 菌
殺 菌
殺 菌
殺 菌
殺 菌
殺 虫
殺 虫
殺 虫
殺 虫
殺 虫










アルバリン粒剤
カスケード乳剤
コテツフロアブル
スタークル顆粒水溶剤
スタークル粒剤
ディアナSC
プレオフロアブル
プレバソンフロアブル5
モスピラン顆粒水溶剤

殺 虫
殺 虫
殺 虫
殺 虫
殺 虫
殺 虫
殺 虫
殺 虫
殺 虫









※化学合成農薬の使用は畑の状況に応じて、上記の中から選択し最大4回までとします。