コープ商品のあゆみ

1921

神戸購買組合・灘購買組合創立(コープこうべの前身)

米、麦、木炭、シイタケ、卵などの産地直取引を拡大

1924 みそ・しょうゆ工場 ※写真は昭和12年頃

醸造工場を設置。みそ、しょうゆの醸造を開始

1940

・生産部開設
・パン製造開始
・戦争のため中断。1949年に再開

1950

「豊中睦生活協同組合」スタート(大阪北生協の前身)

1959

コープみかん缶(全糖)開発

昔のコープ商品群
メーカー主導の時代に、組合員の声を積極的に代弁。
大量生産・大量消費社会の到来により、消費者は物質的な豊かさを実感できるようになりましたが、その一方で、公害や食品添加物などの新たな問題が起こり、コープは国に先がけた安全・安心づくりの取り組みを推し進めました。
1960

日生協コープ商品第1号「CO・OP生協バター」誕生

1967

・商品検査室 (現商品検査センター)新設
・無漂白パンの製造開始

1969

うどん、そばへの過酸化水素使用禁止

1972

「田舎娘粒状せっけん」開発

1973

・発色剤無添加ロースハム開発
・無漂白たらこ、無漂白かんぴょう開発

1977

防かび剤OPPを使わないレモン、グレープフルーツの輸入開始

1978

食品工場、臭素酸カリウムの使用を中止

1980

コープろくまる60周年記念商品「コープろくまる」開発

1982

コープ商品をコンセプト別に「赤・青・白」に分類

コープ商品群
3つのコンセプトで個性を打ち出した時代。
1980年、包装の見直しや一括契約などで商品の品質を落とさずに低価格を実現した「コープろくまる」シリーズが登場。
組合員の反響を集め、1982年の「コープ赤ラベル」へと継承されました。
1988

六甲アイランドに食品工場移転

六甲アイランド食品工場外観

コープこうべ食品工場生産品ロゴ「コープスタイル」デビュー

1991

フードプラン第1号商品「卵」供給開始

フードプランロゴ

2000

食品衛生法改正署名210万人分寄せられる

2001

コープスデビュー

コープス商品群
組合員に喜ばれるPBとして、新たな価値づくりへ。
おいしさと健康、安全・安心、経済性など、6つの基本コンセプトをベースに開発。デビューした商品は、時代のすう勢や組合員の声を反映しながら磨き上げられ、より満足度の高いものへと進化します。
2004

・日生協との共同開発取り組みスタート
・フードプランの新規範導入スタート

2005

食品工場、生産事業開始80周年

2009

コープ商品誕生50周年

2010

「ひょうご発」デビュー

ひょうご発シリーズロゴ

2014

生産事業90周年

食品工場生産品90周年ロゴ

2014

日本生活協同組合連合会との共同開発を本格化

ページの先頭へ戻る

くらしの情報センター 商品に関するご意見・ご要望はこちら
問い合わせ(無料) 0120-44-3100
携帯電話・IP電話(有料) 06-7636-2000
年中無休 火~金曜日 8:30~19:30/土~月曜日 8:30~18:00
問い合わせ